[an error occurred while processing this directive]
[APACHE DOCUMENTATION]

Apache HTTP Server Version 1.3

mod_userdirモジュール

このモジュールはmod_userdir.cに含まれ、デフォルトでコンパイルされます。これはユーザーディレクトリを特定するために提供されます。

UserDir

Syntax: UserDir directory/filename
Default: UserDir public_html
Context: server config, virtual host
Status: Base
Module: mod_userdir
Compatibility: UserDir public_html を除いたすべてのフォームが Apache1.1 以上で のみ使用可能です。ユーザ名リストにキーワード disabled または enabled を付ける書き方は Apache 1.3 以上でのみ有効です。

UserDir 命令はユーザーのホームディレクトリ内に、ユーザーがキュメントをリクエストしたときに使用する実際のディレクトリを設定します。 Directory/filename は以下のうちの一つです:

もし Userdir 命令で、enableddisabled のキーワードのどちらもなければ、 引数はファイル名のパターンとして扱われ、ディレクトリを表す名前を変えるために使われます。http://www.foo.com/~bob/one/two.html のリクエストは言い換えられます:

UserDir public_html     -> ~bob/public_html/one/two.html
UserDir /usr/web        -> /usr/web/bob/one/two.html
UserDir /home/*/www     -> /home/bob/www/one/two.html
以下の命令はクライアントにリダイレクトを送信します:
UserDir http://www.foo.com/users   -> http//www.foo.com/users/bob/one/two.html
UserDir http://www.foo.com/*/usr   -> http://www.foo.com/bob/usr/one/two.html
UserDir http://www.foo.com/~*/     -> http://www.foo.com/~bob/one/two.html

この命令を使うときには気を付けてください; 例えば、"UserDir ./""/" に対して "/~root" をマップします - 好ましくないですが。もし Apache 1.3 かそれ以上を走らせているのなら、コンフィギュレーションで "UserDir disabled root" を定義することを強く推奨します。詳しくは、<Directory> 命令と Security Tips を見てください。

Apache HTTP Server Version 1.3

検索文字
このJAPACHE!ニュースグループへ ( japache.mod.userdir ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ

Index Home The English original manual is here.


このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。