[an error occurred while processing this directive]
[APACHE DOCUMENTATION]

Apache HTTP Server Version 1.3

mod_speling モジュール

このモジュールは mod_speling.c ファイルに含まれ、デフォルトではコンパイルされていません。ユーザが大文字使用を無視したり、一つのミススペルを許した URL のミススペルを訂正しようとします。
これはミススペルのリクエストの大多数をキャッシュします。もし唯一の一致するドキュメントが見つかったら、自動 "スペル訂正" のリダイレクションが返され、非常によく似た名前のドキュメントが一つ以上見つかった場合には、一致するリストが返されます。

概要

リクエストがミススペルだったり大文字使用だったりしたせいで、ドキュメントに対するリクエストが時々 Apache サーバのコアによって受け取られません。このモジュールは一致するドキュメントを捜そうとすることでこの問題に対処して、一様に結局、他のモジュールをあきらめます。 問題に対する配慮なしでリクエストされたドキュメント名に対して、リクエストされたディレクトリでそれぞれのドキュメント名を比較し、一つのミススペルまで許すことによりその動作を行います(文字の挿入 / 省略 / 置き換え、または間違った文字)。リストはこのやり方で一致する全てのドキュメント名で作られます。

もしディレクトリを検索した後に

命令

  • CheckSpelling

  • CheckSpelling

    Syntax: CheckSpelling on/off
    Default: CheckSpelling Off
    Context: server config, virtual host
    Status: Base
    Module: mod_speling
    Compatibility: CheckSpelling was available as a separately available module for Apache 1.1, but was limited to miscapitalizations. As of Apache 1.3, it is part of the apache distribution.

    この命令はスペルモジュールを有効か、無効にします。有効なら、以下のことを覚えておいてください。


    Apache HTTP Server Version 1.3

    検索文字
    Index Home The English original manual is here.
    このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。