[an error occurred while processing this directive]
[APACHE DOCUMENTATION]

Apache HTTP Server Version 1.3

ハイパフォーマンスなWeb サーバを実行するヒント

高い負荷のWebサーバでApacheを使用すると、よくマシンとOSの設定の関係で問題が発生します。もちろん”高負荷”とは相対的にです。 − しかし、もし1秒間に何ヒットかが発生していれば、このページのポインタにある情報を参考にするべきです。一般にこの提案は、高いTCP負荷のためのカーネルのチューニングや、ハードウェア/ソフトウェアの矛盾の発生、その他を伴います。

A/UX (Apple's UNIX)

もしA/UXでApacheを走らせるなら、いくつかの有用なパフォーマンスの ヒントのあるページが ここにあります。


BSDベース (BSDI, FreeBSD, etc)

概要詳細 のパフォーマンスチューニングのヒントです。


Digital UNIX


Linux

高負荷なLinuxシステムで発生する最も良く知られた問題は、全てのサーバプロセスが何分間か停止(凍り付く)してしまい、そして元どおり動きはじめることです。listen()のキューのあふれをトレースしました。  − 確実にLinuxの実装は、入力キューが少ない値に設定されており  これによって問題を発生させられます。


SGI


Solaris 2.4

Solaris 2.4 のTCP実装は、高負荷の時だけ起こる少しの限界があります。これは2.5でいくつか修正(2.6では完全に直された)されましたが、性能低下を発見したりパフォーマンスが気になる際に、次のURLにあるこの修正内容の情報を参考にしてください。

Other links:


SunOS 4.x

SunOSでSOMAXCONNをチューニングする多くの情報がここにあります。 http://www.islandnet.com/~mark/somaxconn.html.


多くの情報をください!

もし、提供してくれる情報がありましたら、私にメールを下さいbrian@organic.com

Apache HTTP Server Version 1.3

検索文字
このJAPACHE!ニュースグループへ ( japache.Performance ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ
Index Home The English original manual is here.
このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。

JAPACHE ホームページ