[an error occurred while processing this directive]
[APACHE DOCUMENTATION]

Apache HTTP Server Version 1.3

Apache 1.3のコンパイルとインストール

もしあなたがApacheの前のバージョンをダウンロードし、インストールしたいなら Compiling and Installing Apache 1.1を読んでください。

UnixWareユーザはコンパイルする前に様々なUnixWareバージョンのためのbuild notesに助言を求めたがるでしょう。

Apacheのダウンロード

Apacheの最新のバージョン情報をhttp://www.apache.org/Apacheのwebサーバ上で得ることが出来ます。ここには現在リリースされているものと、最近のベータテスト版のリリースをミラーwebとanonymous ftpサイトの詳細とともにリストされています。

バイナリ配布をダウンロードすれば、Installing Apacheにスキップするでしょう。そうでなければ、どのようにサーバをコンパイルするかについて記述している次のセクションを読んで下さい。

Apacheのコンパイル

Apacheのコンパイルは三段階です: まずサーバに入れたいApacheモジュールを選択してください。二番目に、OSのコンフィギュレーションを作って下さい。最後にコンパイルをします。

Apacheの全てのコンフィギュレーションは、Apache配布のsrcディレクトリで行われます。このディレクトリに入ってください。

  1. コンフィギュレーションファイルでApacheにコンパイルするモジュールを選択してください。入れたいオプションのモジュールと一致する行にコメントしないか(ファイルの底にあるAddModule行に混じって)、ダウンロード、書き込んだ追加のモジュールと一致する新しい行を追加します。(どのようにApacheモジュールを書き込むかについてのドキュメントはAPI.htmlを参照してください)。進んだユーザは、必要でないことがわかっていれば、デフォルトモジュールのいくつかにコメントすることができます(ですが、デフォルトのモジュールの多くはサーバの正確な操作とセキュリティにとって重要なので注意してください)。

    Rule行のいくつかを設定する必要があるなら、コンフィギュレーションファイルにある指示を読むべきでしょう。

  2. OSのためのApacheをコンフィギュアしてください。通常、以下に与えられているようなコンフィギュアスクリプトを実行できます。しかしながら、もしこれが失敗するか、特別な要求を持っていれば(例えばオプションのモジュールによって要求される追加のライブラリを含むための)、コンフィギュレーションファイルで以下のオプションを一つ以上編集する必要があるかもしれません : EXTRA_CFLAGS, LIBS, LDFLAGS, INCLUDES.

    Configureスクリプトを実行します:

        % Configure
        Using 'Configuration' as config file
         + configured for <whatever> platform
         + setting C compiler to <whatever> *
         + setting C compiler optimization-level to <whatever> *
         + Adding selected modules
         + doing sanity check on compiler and options
        Creating Makefile in support
        Creating Makefile in main
        Creating Makefile in os/unix
        Creating Makefile in modules/standard
       
    (*: コンフィギュレーションとシステムに依存していて、コンフィギュアのメイクはこれらの行をプリントしません。それでOKです).

    これは3の段階で使用されるメイクファイルを生成します。それはまたオプションのサポートプログラムの編集のために、サポートディレクトリのなかにメイクファイルを作ります。

    (様々なコンフィギュレーションを維持したければ、Configure -file Configuration.aiのような、代替のコンフィギュレーションファイルを読むことを言うようにConfigureに選択肢を与えます)

  3. Type make.
Apache配布に置いたモジュールは、テストを行ったものであり、Apache開発グループの様々なメンバーによって正確に使われたものです。特定のニーズや機能についてメンバーやサードパーティによって配布された追加モジュールは、<URL:http://www.apache.org/dist/contrib/modules/>で利用できます。コアApacheコードに、これらのモジュールをリンクさせるためのページに使用説明があります。

Apacheのインストール

コンパイルした後、ディレクトリsrc/に「httpd」と呼ばれるバイナリファイルが作成されます。Apacheのバイナリー領域はこのファイルに提供されます。

次のステップはプログラムをインストールして、それをコンフィギュアすることです。Apacheは、コンパイルされているディレクトリの同じ設定からコンフィギュアされ、実行するようになっています。もしどこか他のところから実行させたければ、ディレクトリを作って、そこにconflogsiconsディレクトリをコピーしてください。

次に、サーバのためのコンフィギュレーションファイルを編集します。これは相並んだ3つの中心的なコンフィギュレーションファイルにある多様なdirectivesのセットアップをから構成されています。デフォルトでは、これらのファイルはconfディレクトリに配置され、srm.confaccess.confhttpd.confと呼ばれます。起動を補助するために、配布にあるconfディレクトリには同じファイルがあり、srm.conf-distaccess.conf-disthttpd.conf-distと呼ばれます。-distなしでその名前のこれらのファイルをコピーするか、名前を変えてください。それからそれぞれのファイルを編集してください。それぞれのファイルにあるコメントを注意深く読んでください。これらのファイルを正確にセットアップすることに失敗すると、サーバが動かなくなったり、動作が不安定になったりします。confディレクトリにあるmime.typesと呼ばれる追加ファイルを持つべきです。このファイルは通常、編集の必要がありません。

次のステップはサーバに関するコンフィグレーションファイルを編集することです。confと呼ばれるサブディレクトリで3つのコンフィグレーションファイルの分配されたバージョンを見つけることが出来ます。:srm.conf-dist、access.conf-dist、httpd.conf-distのそれらのファイルをそれぞれsrm.conf、access.conf、httpd.confとしてコピーしてください。

最初にhttpd.confを編集してください。これはサーバに関して一般的な属性を設定します;例えばhttpdが使用するポートナンバー等です。次にsrm.confファイルを編集してください;これはドキュメントツリーのrootを設定します:例えばserver-parsed HTMLのような特定の機能や内部的なimagemap parsing等。最後にaccess.confファイルを編集してください。アクセスに関する基本事項を設定します。

これら3つのファイルの他に、サーバの動作はサーバにアクセスされたディレクトリにある.htaccessファイルを使うことによって、ディレクトリ毎の基準でコンフィギュアされます。

サーバの起動と停止

サーバを起動するためには、単にhttpdを実行するだけです。これはコードにコンパイルされたロケーションにあるhttpd.confを捜します(デフォルトでは/usr/local/apache/conf/httpd.conf)。もしこのファイルがどこか他にあれば、-f の引数で本当のロケーションを与えることができます。例えば:
    /usr/local/etc/apache/src/httpd -f /usr/local/etc/apache/conf/httpd.conf
もし全てがうまく行けば、これは直ちにコマンドプロンプトを返します。これは、サーバが立ち上がって、実行していることを示しています。サーバの初期化の間になにか不都合が生じると、画面にエラーメッセージが表示されます。 もしサーバの起動がOKなら、サーバに接続するためにブラウザを使い、ドキュメントを読むことができます。サーバとして同じマシンでブラウザを動かして、デフォルトの80のポートを使うと、ブラウザに現れる当てはまるURLは
    http://localhost/

サーバは起動するときにリクエストをハンドルするための子プロセスをたくさん作ります。もしルートユーザとしてApacheを起動させると、子がhttpd.confファイルで与えられているようなユーザに変更している間、親プロセスはルートとして作動し続けます。

アドレスに対してバインドできないことについて不満なhttpdを作動させると、なにか他のプロセスが既に、使用するコンフィギュアされたApacheのポートを使っているか、以下の1024のポートを使おうとしているのを除いて(デフォルトポート80のような)、標準のユーザとしてhttpdを作動させているかのどちらかです。

サーバが作動していなければ、httpdを作動させたときに表示されるエラーメッセージを読みます。追加情報のためにサーバのエラーログを調べるべきでしょう(デフォルトコンフィギュレーションでは、これはlogsディレクトリにあるerror_logファイルに配置されます)。

システムリブートの後でサーバを動かし続けたければ、システムのスタートアップファイルに対するコールを追加します(典型的なのはrc.localや、rc.Nディレクトリにあるファイルです)。これはルートとしてApacheを起動します。これを行う前に、セキュリティとアクセス制限に関してサーバが正しくコンフィギュアされるようにしてください。

停止するためにApacheは親プロセスにTERMシグナルを送信します。このプロセスのPIDは、logsディレクトリにあるhttpd.pidファイルに書かれます(別の方法でコンフィフュアされていなければ)。それは親によって更新されるので、子プロセスを殺さないでください。サーバを停止させる典型的なコマンドは:

    kill -TERM `cat /usr/local/etc/apache/logs/httpd.pid`

Apacheのコマンドラインでのオプションや、コンフィギュレーション、ログファイルの詳細な情報については、Starting Apacheを参照してください。配布されているモジュールによってサポートされている全てのApacheの命令に関しては、Apache directivesを参照してください。

サポートプログラムのコンパイル

上記でコンパイルされ、コンフィギュアされるメインのhttpdサーバの他に、Apacheは多数のサポートプログラムを含んでいます。これらはデフォルトではコンパイルされません。サポートプログラムはsupportディレクトリにあります。サポートプログラムをコンパイルするには、このディレクトリに入り、
    make
と入力してください。

Apache HTTP Server Version 1.3

検索文字
このJAPACHE!ニュースグループへ ( japache.install ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ

Index The English original manual is here.


このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。

JAPACHE ホームページ