[an error occurred while processing this directive]
[APACHE DOCUMENTATION]

Apache HTTP Server Version 1.3

特殊な目的の環境変数

互換性の問題は、特定のクライアントと話している時Apacheの動きを修正するメカニズムの導入することです。 これらのメカニズムを可能な限り柔軟にするためには、例えば典型的に使われる BrowserMatchSetEnvPassEnvで環境変数を設定することによって利用します。

nokeepalive

セットするとKeepAlive を無効にします。Netscape 2.xとKeepAliveの問題により、以下の命令を使うことを推奨します:
BrowserMatch Mozilla/2 nokeepalive

force-response-1.0

セットすると、これはHTTP/1.0に応答させます。AOLプロキシー の問題の結果としてオリジナル的に実行されます。HTTP/1.1の応答を与えられた時、クライアントのいくつかは正しく動いていません。これは操作が共通なものに使うことができます。

downgrade-1.0

これはたとえlater dialectであっても、HTTP/1.0としての要求を強制します。


Apache HTTP Server Version 1.3

検索文字
Index The English original manual is here.
このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。

JAPACHE ホームページ