[an error occurred while processing this directive] [APACHE DOCUMENTATION]

モジュール mod_log_referer

このモジュールはmod_log_referer.cファイルに含まれており、デフォルトではコンパイルされていません。これはサーバの参照ドキュメントのloggingを規定します。

Log file format

ログファイルはそれぞれに関連した分離した行を含んでいます。それぞれの行は uriがクライアントに要求された一つの関係するドキュメントの(%-escaped) URI である
uri -> document
のフォーマットを持ち、documentは関係するドキュメントへの(%-decoded) local URLです。

Directives


RefererIgnore

Syntax: RefererIgnore string string ...
Context: server config, virtual host
Status: Extension
Module: mod_log_referer

RefererIgnore命令はRefererのヘッダーを無視するためのストリングのリストに追加します。もしリストにあるなんらかのストリングが、Refererのヘッダーに含まれていれば、要求に対する関連情報はログされません。例:

RefererIgnore www.ncsa.uiuc.edu
これはwww.ncsa.uiuc.eduからの関連ログを無効にします。


RefererLog

Syntax: RefererLog file-pipe
Default: RefererLog logs/referer_log
Context: server config, virtual host
Status: Extension
Module: mod_log_referer

RefererLog命令はサーバが外部からの要求のRefererヘッダーをログするファイル名をセットします。File-pipeサーバルートへ関連するファイル名

A filename
の一つです。
`|' は以下のコマンドを伴います。
標準入力の関連ログ情報を受け取るプログラム もしメインサーバからRefererLogを受け継げば、VirtualHostで新しいプログラムが動かなくなることに注意して下さい。
Security:もしプログラムが使われると、httpdを動かしているユーザーの下で実行します。もしサーバがルートによって起動していれば、これがルートになります;プログラムが安全であることを確認して下さい。

この命令は、NCSA 1.4との互換性を規定しています。


検索文字
このJAPACHE!ニュースグループへ
( japache.mod.log.referer ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ

このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。


The English original manual is here.

Index Home