[an error occurred while processing this directive] [APACHE DOCUMENTATION]

mod_log_commonモジュール

このモジュールはmod_log_common.cファイルに含まれ、デフォルト でコンパイルされます。 リクエストのログが提供されるとコモンログファイルフォーマット (Common Logfile Format)の形式でログファイルが作成されます。 このモジュールはApache1.2のmod_log_configによって置き換えられま した。

ログファイルの書式

ログファイルは各リクエストが1行毎に格納されます。 各行はスペースに区切られたいくつかの項目(トークン)によって構成します。
host ident authuser date request status bytes
項目のデータが無い場合はハイフン(-)で表現します。 各項目の意味と値は次の通りです。
host
FQDN形式のクライアント名、またはクライアントのIPアドレス (ネームサーバの逆引きによりクライアント名を検索出来なかった場合)
ident
IdentityCheck が有効かつ クライアントでinentdが実行していた場合のクライアントのユーザ情報
authuser
保護するドキュメントにパスワード要求を行った場合、 使用されたユーザID
date
リクエストの日付。書式は次の通り:
date = [day/month/year:hour:minute:second zone]
day = 2桁
month = 3文字
year = 4桁
hour = 2桁
minute = 2桁
second = 2桁
zone = (`+' | `-') 4桁
request
クライアントからダブルクォート(")によって囲まれた クライアントからのリクエスト内容。
status
クライアントに返す3桁のリターンコード
bytes
クライアントに転送したオブジェクトのバイト数。 この中にヘッダ情報は含みません。

命令


TransferLog

Syntax: TransferLog file-pipe
Default: TransferLog logs/transfer_log
Context: server config, virtual host
Status: Base
Module: mod_log_common

TransferLog命令は入力されたリクエストのログファイルの名前を設定します。 File-pipe はいずれかです。

絶対パスを含んだファイル名
ServerRootに設定されたパス以降の ファイル名
`|' 以降にプログラム名を記述
プログラムは標準入力よりログデータを受けられます。 TransferLogをメインサーバから引き継いでも、バーチャルホストは新しい プログラムを起動することが出来ませんので注意してください。
セキュリティ:httpdを起動したユーザと同じ ユーザでそのプログラムが実行されます。 rootでhttpdが起動された場合はrootの権限になります。; プログラムが安全かどうか良く確認してください。


検索文字
このJAPACHE!ニュースグループへ
( japache.mod.log.common ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ

このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。


The English original manual is here.

Index Home