[an error occurred while processing this directive] [APACHE DOCUMENTATION]

mod_dirモジュール

このモジュールはmod_dir.cファイルに含まれ、デフォルトでコンパイルされます。このモジュールはディレクトリインデクスを提供します。

概要

このモジュールはディレクトリインデクスをコントロールします。ディレクトリのインデクスは2つのソースのうちの1つから実行出来ます。:

命令

  • AddDescription
  • AddIcon
  • AddIconByEncoding
  • AddIconByType
  • DefaultIcon
  • DirectoryIndex
  • FancyIndexing
  • HeaderName
  • IndexIgnore
  • IndexOptions
  • ReadmeName

  • AddDescription

    Syntax: AddDescription string file file...
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    これはFancyIndexingのために表示させたいファイルのタイプを設定します。Fileはファイルの一部分であるファイルの拡張子です。Fileワイルドカードかフルファイル名で記述します。Stringはダブルコーテーション(")で囲みます。例:

    AddDescription "The planet Mars" /web/pics/mars.gif


    AddIcon

    Syntax: AddIcon icon name name ...
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    これはFancyIndexingで設定されたnameで終わるファイルの隣に表示するアイコンを設定します。Iconはそのアイコンに対して相対URLか、原文がグラフィックを表示出来ないブラウザに対してアイコンに設定されたテキストタグであるフォーマット(alttext,url)のどちらかです。

    Nameはディレクトリに対して ^^DIRECTORY^^, ブランクライン(正確にリストをフォーマットするため)に対して^^BLANKICON^^、ファイルの拡張子、ワイルドカード表示、部分的なファイル名か完全なファイル名です。例:

    AddIcon (IMG,/icons/image.xbm) .gif .jpg .xbm
    AddIcon /icons/dir.xbm ^^DIRECTORY^^
    AddIcon /icons/backup.xbm *~
    AddIconByTypeは可能なときはAddIconより優先的に使用するべきです。


    AddIconByEncoding

    Syntax: AddIconByEncoding icon mime-encoding mime-encoding ...
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    これはFancyIndexingに対してmime-encodingをもつファイルの隣に表示するアイコンを設定します。Iconは(%-escaped)アイコンに対して相対URLかalttextがグラフィックを表示しないブラウザのアイコンのために提供されたテキストタグであるフォーマット(alttext,url)のぢちらかです。

    Mime-encodingはcontent-encodingを必要とするワイルドカード表示に一致する。

    AddIconByEncoding /icons/compress.xbm x-compress


    AddIconByType

    Syntax: AddIconByType icon mime-type mime-type ...
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    これはFancyIndexingであり、mime-typeのファイルの隣に表示されるアイコンを設定する。 Iconはアイコンに対する相対URL(%-escaped)かalttextがグラフィックを表示出来ないブラウザのアイコンに対して提供されたテキストタグであるフォーマット(alttext,url)のどちらかです。

    Mime-typeはマイムタイプが必要とするワイルドカードの表示に一致します。例:

    AddIconByType (IMG,/icons/image.xbm) image/*


    DefaultIcon

    Syntax: DefaultIcon url
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    DefaultIcon命令はFancyIndexingで、特定のアイコンを表示する設定がされていないアイコンを表示する設定を行います。Urlはそのアイコンに対して相対URL(%-escaped)になります。例:

    DefaultIcon /icon/unknown.xbm


    DirectoryIndex

    Syntax: DirectoryIndex local-url local-url ...
    Default: DirectoryIndex index.html
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    DirectoryIndex命令はクライアントがディレクトリ名の終わりに特定のファイルを指定しないでディレクトリのインデクスを要求すると、そのディレクトリ内でDirectoryIndex命令で指定されたドキュメントを表示する設定を行います。Local-urlはリクエストしたディレクトリに対するサーバのドキュメントURLです。いくつかのURLを設定する事が出来ます。;サーバはいちばん最初にリストされたドキュメントを表示します。もしリソースが存在しないならば、サーバはそのディレクトリ自身のファイル一覧を表示します。例:

    DirectoryIndex index.html
    このときhttp://myserver/docs/に対してリクエストするともしそこのディレクトリにindex.htmlが存在すればhttp://myserver/docs/index.htmlを表示し、存在しなければそのディレクトリのファイル一覧を表示します。

    そのドキュメントがディレクトリに関連している必要はないことに注意してください。

    DirectoryIndex index.html index.txt /cgi-bin/index.pl
    これは、もしそのディレクトリにindex.htmlとindex.txtの両方存在しないときは/cgi-bin/index.plのCGIスクリプトを実行します。


    FancyIndexing

    Syntax: FancyIndexing boolean
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    FancyIndexing命令はディレクトリに対してFancyIndexingオプションを設定します。Booleanはonかoffに設定されます。IndexOptions命令を優先して使用するほうがよいでしょう。


    HeaderName

    Syntax: HeaderName filename
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    HeaderName命令はディレクトリインデクスをリストするときのトップに挿入するファイル名を設定します。Filenameは挿入するファイルファイル名であり、インデクスされるディレクトリに置かれます。サーバは最初にFilenameをHTMLのドキュメントとして挿入しようとします。さもなければプレーンテキストととしてFilenameを挿入します。例:

    HeaderName HEADER
    ディレクトリ/webをインデクスするときサーバは/web/HEADER.htmlファイルを探しにいき、もしみつけたらそれを挿入します。さもなければもしそのファイルが存在すれば/web/HEADERファイルをプレーンテキストとして挿入します。

    ReadmeNameも参照してください。


    IndexIgnore

    Syntax: IndexIgnore file file ...
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    IndexIgnore命令はディレクトリをリストするとき隠しファイルをリストに加えます。Fileはファイルの拡張子、部分ファイル名、ワイルドカード表示またはフルファイル名です。複数のIndexIgnore命令がそのリストに加わります。どちらかといえば無視されたファイルのリストを元に戻します。デフォルトではリストは`.'を含みます。例:

    IndexIgnore README .htaccess *~


    IndexOptions

    Syntax: IndexOptions option option ...
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    IndexOptions命令はディレクトリインデクスの動作を特定します。Optionは以下のようなものがあります。

    FancyIndexing
    これはディレクトリの装飾したインデクスを表示します。
    IconsAreLinks
    これはファイル毎に固定の部分をアイコンに作成します。
    ScanHTMLTitles
    これはHTMLからタイトルを抽出出来るようにします。もしそのファイルがAddDescriptionによって与えられた表示を持たないならばhttpdはそのファイルのTITLE tagの値をドキュメントに表示します。これはCPUとディスクに負荷がかかります。
    SuppressLastModified
    これは最終更新日を表示させないようにします。 This will suppress the display of the last modification date, in fancy indexing listings.
    SuppressSize
    これはファイルサイズ表示させないようにします。
    SuppressDescription
    これはファイルの説明を表示させないようにします。
    このデフォルトはオプションが使用出来ないようになっています。もし複数のIndexOptionsディレクトリの対して適用出来るならほとんどの特定のIndexOptionsが完全に実行されます。そのオプションは一つにまとめられません。例えば:
    <Directory /web/docs>
    IndexOptions FancyIndexing
    </Directory>
    <Directory /web/docs/spec>
    IndexOptions ScanHTMLTitles
    </Directory>
    このときScanHTMLTitlesのみが/web/docs/specに設定されます。


    ReadmeName

    Syntax: ReadmeName filename
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Override: Indexes
    Status: Base
    Module: mod_dir

    ReadmeName命令はインデクスをリストしたときの最後に沿えるファイル名を設定します。Filenameは挿入するファイルの名前で、インデクスされるディレクトリに置かれます。サーバは最初にFilenameをHTMLのドキュメントとして挿入しようとします。さもなければプレーンテキストととしてFilenameを挿入します。例:

    ReadmeName README
    ディレクトリ/webをインデクスするときサーバは/web/README.htmlファイルを探しにいき、もしみつけたらそれを挿入します。さもなければもしそのファイルが存在すれば/web/READMEファイルをプレーンテキストとして挿入します。

    HeaderNameも参照してください。


    検索文字
    このJAPACHE!ニュースグループへ
    ( japache.mod.dir ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ

    このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。


    The English original manual is here.

    Index Home