[an error occurred while processing this directive] [APACHE DOCUMENTATION]

mod_auth_dbmモジュール

このモジュールはmod_auth_dbm.cファイルに含まれ、デフォルトでコンパイルされます。これはDBMファイルを使用するためのユーザ認証機構を提供します。DBM user documentationも参照してください。
  • AuthDBMGroupFile
  • AuthDBMUserFile

  • AuthDbmGroupFile

    Syntax: AuthDBMGroupFile filename
    Context: directory, .htaccess
    Override: AuthConfig
    Status: Extension
    Module: mod_auth_dbm

    AuthDBMGroupFile命令はユーザー認証機構に対してユーザーグループファイルのリストを含むDBMファイルの名前を設定する。Filenameはグループファイルに対して絶対パスとなります。

    グループファイルはユーザ名に関連づけられています。ユーザ値はユーザが所属しているカンマで区切られたグループリストです。ユーザ値内にスペースとコロンは含んではいけません。

    Security:AuthDBMGroupFileはかならずウェッブサーバのドキュメントツリー以外に保存されます。AuthDBMGroupFileをプロテクトされたディレクトリに置かないでください。それかクライアントはもしプロテクトされていなければAuthDBMGroupFileをダウンロードするこが出来ます。

    グループファイルとパスワードファイルを一緒にすると、いくつかの場合ではそれぞれのユーザに関してパスワードとグループの両方が詳細を含むシングルデータベースを管理することが容易になります。これはいくつかのサポートプログラムを単純化します。:それらは現在シングルDBMファイルへの書き込みとロックを取り扱うのみです。これは最初に同様のDBMをポイントにグループファイルとパスワードファイルを設定することによって達成されます。

    AuthDBMGroupFile /www/userbase
    AuthDBMUserFile /www/userbase
    そのシングルDBMに対するキーワードはユーザ名です。その値は

    Unix Crypt-ed Password : List of Groups [ : (ignored) ]
    から構成されます。 パスワードセクションは前述の通りにUnix crypt() passwordに含まれます。これはコロンとカンマで区切られたグループリストに付随します。その他のデータは任意にもう一つのコロンの後のDBMファイル内に置かれます。それは認証機構モジュールによって無視されます。これは結合されたパスワードとグループデータベースに対するwww.telescope.orgユーザのことです。

    AuthName, AuthTypeAuthDBMUserFileも参照してください。


    AuthDBMUserFile

    Syntax: AuthDBMUserFile filename
    Context: directory, .htaccess
    Override: AuthConfig
    Status: Extension
    Module: mod_auth_dbm

    AuthDBMUserFile命令はユーザ認証機構に対するユーザとパスワードのリストを含むDBMファイルの名前を設定します。Filenameはユーザファイルの絶対パスとなります。

    ユーザファイルはユーザ名で管理されています。ユーザ値は任意にコロンと任意のデータが付随したcrypt()で暗号化されたパスワードです。そのコロンと付随するデータはサーバによって無視されます。

    Security: AuthDBMUserFileはウェッブサーバのドキュメントツリーの外に保存されます。AuthDBMUserFileをプロテクトされたディレクトリに置いてはいけません。それかAuthDBMUserFileをクライアントがダウンロードすることが出来ます。

    Important compatibility note: apacheモジュールの中の"dbmopen"の実行はヌルが含まれた文字列に依存しているのではなく、DBMデータ構造からハッシュされた値の文字列を読み込みます。ネットスケープウェッブサーバのようないくつかのアプリケーションはヌルで始まる文字列に依存します。それでもしあなたがアプリケーションとの間で互換性においてDBMファイルを使用するうえでトラブルがあるならば、これは問題の一部分であるかもしれません。

    AuthName, AuthTypeAuthDBMGroupFileも参照してください。


    このJAPACHE!ニュースグループへ ( japache.mod.auth.dbm ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ

    このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。


    検索文字
    The English original manual is here.

    Index Home