[an error occurred while processing this directive] [APACHE DOCUMENTATION]

Module mod_auth

このモジュールはmod_auth.cファイルに含まれ、デフォルトでコンパイルされます。原文のファイルを使用することをユーザー認証のために提供します。
  • AuthGroupFile
  • AuthUserFile

  • AuthGroupFile

    Syntax: AuthGroupFile filename
    Context: directory, .htaccess
    Override: AuthConfig
    Status: Base
    Module: mod_auth

    AuthGroupFile命令はユーザー認証のためにユーザグループがリストされたグループファイルの名前を設定します。 Filenameはグループファイルの絶対パスで指定します。

    グループファイルのそれぞれのラインはコロンとスペースで区切られたユーザー名を伴ったグループ名を含みます。例:

    mygroup: bob joe anne
    グループファイルが非常に大きいときはこの命令を使用するのは非常に能率が悪いです。; AuthDBMGroupFileを代わりに使用するべきです。

    Security: AuthGroupFileがウェブサーバのドキュメントツリー以外に保存されていることを確認してください。ファイルをプロテクトするディレクトリにそのファイルを置かないでください。それかクライアントはそのAuthGroupFileをダウンロードすることが出来ます。

    AuthName, AuthTypeAuthUserFileも参照してください。


    AuthUserFile

    Syntax: AuthUserFile filename
    Context: directory, .htaccess
    Override: AuthConfig
    Status: Base
    Module: mod_auth

    AuthUserFilesets命令はユーザー認証のためのユーザーとパスワードがリストされたパスワードファイルの名前を設定します。Filenameはユーザーファイルの絶対パスを指定します。 ユーザーファイルのそれぞれのラインはコロンとcrypt()で暗号化されたパスワードを伴ったユーザー名を含みます。 ユーザーグループファイルを検索することは能率が悪いです。;AuthDBMUserFileを代わりに使用するべきです。

    Security: AuthUserFileがウェブサーバのドキュメントツリー以外に保存されていることを確認してください。プロテクトされたディレクトリにAuthUserFileを置かないでください。それかクライアントがAuthUserFileをダウンロード出来ます。

    AuthName, AuthTypeAuthGroupFileも参照してください。


    このJAPACHE!ニュースグループへ ( japache.mod.auth ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ

    このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。


    検索文字
    The English original manual is here.

    Index Home