[an error occurred while processing this directive] [APACHE DOCUMENTATION]

mod_alias モジュール

このモジュールは mod_alias.cファイルに含まれ、デフォルトでコンパイルされます。これは、ホストのファイルシステムとは異なったツリー構造やURLのリダイレクションを提供します。
  • Alias
  • Redirect
  • RedirectTemp
  • RedirectPermanent
  • ScriptAlias

  • Alias

    Syntax: Alias url-path directory-filename
    Context: server config, virtual host
    Status: Base
    Module: mod_alias

    Alias命令はURLで指定されたディレクトリを、DocumentRoot配下以外に設定します。例えばurl-path(デコードされたもの)で指定されたディレクトリを、サーバのdirectory-filenameと結び付けるには以下のように記述します。

    Alias /image /ftp/pub/image
    この記述によって、http://サーバ名/image/foo.gifにアクセスがあった場合は、/ftp/pub/image/foo.gifが返されます。

    ScriptAliasの説明も参照して下さい


    Redirect

    Syntax: Redirect [ status ] url-path url
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Status: Base
    Module: mod_alias
    Compatibility: ディレクトリに対する記述と.htaccessに関する記述はApache 1.1以降でないと使用できない。またstatusパラメータはApache 1.2以降でないと使用できない

    Redirect命令は、古いURLと新しいURLを結び付けるものです。新しいURLがクライアントに返されるので、新しいアドレスに対して再度アクセスを試みます。 Url-path(デコードされたもの)に対してアクセスがあった場合、新しいURL(エンコードされたもの)に変更があった事を示すエラーを返すには、以下のように記述します。

    Redirect /service http://foo2.bar.com/service
    クライアントからhttp://サーバ名/service/foo.txtにアクセスがあった場合、http://foo2.bar.com/service/foo.txtにアクセスするようにエラーメッセージが返されます。

    注意:Redirect命令はコンフィグレーションファイルの並び順に関係なく、Alias命令やScriptAlias命令より優先します。

    もし、statusパラメータが与えられていない場合、"temporary" (HTTP status 302)としてエラーメッセージが返されるので、クライアント側では一時的にリソースが移されたと認識するでしょう。statusパラメータは以下のようにHTTP statusを使用する事が出来ます。

    permanent
    permanent redirect status (301)が返されます。リソースが恒久的に移動した時に使用します。
    temp
    temporary redirect status (302)が返されます。デフォルトです。
    seeother
    "See Other" status (303)が返されます。リソースが通常に移動された時に使用します。
    gone
    "Gone" status (410)が返されます。リソースが恒久的に移動し、urlパラメータを省略した時に使用します。
    その他のステータスコードは、statusパラメータに数字で渡す事が出来ます。 ステータスコードが300番台であれば、urlパラメータの内容が表示されますが、それ以外の場合は表示されません。ステータスコードについての詳細はApache Code(http_protocol.cのsend_error_response)を参照して下さい。
    上記の使用例と説明

    RedirectTemp

    Syntax: RedirectTemp url-path url
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Status: Base
    Module: mod_alias
    Compatibility: この命令はApache 1.2のみでしか実行できない

    この命令はステータスコードがtempotrary(302)のRedirect命令と同じである。

    RedirectPermanent

    Syntax: RedirectPermanent url-path url
    Context: server config, virtual host, directory, .htaccess
    Status: Base
    Module: mod_alias
    Compatibility: この命令はApache 1.2のみでしか実行できない

    この命令はステータスコードがpermanent(301)のRedirect命令と同じである。


    ScriptAlias

    Syntax: ScriptAlias url-path directory-filename
    Context: server config, virtual host
    Status: Base
    Module: mod_alias

    ScriptAlias命令はAliasと似たような設定を行うが、ScriptAlias命令はCGIスクリプトを含んだディレクトリのエイリアスを定義します。 例えば、例えばurl-path(デコードされたもの)で指定されたスクリプトを、サーバのdirectory-filenameと結び付けるには以下のように記述します。

    ScriptAlias /cgi-bin/ /web/cgi-bin/
    この命令によって、http://myserver/cgi-bin/fooにアクセスがあった場合は、/web/cgi-bin/fooというスクリプトが実行されます。


    このJAPACHE!ニュースグループへ ( japache.mod.alias ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ

    このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。


    検索文字
    The English original manual is here.

    Index Home