[an error occurred while processing this directive]
[APACHE DOCUMENTATION]

Apache HTTP Server Version 1.3

モジュール mod_log_referer

このモジュールはmod_log_referer.cファイルに含まれており、デフォルトではコンパイルされていません。これはサーバの参照ドキュメントのloggingを規定します。

Log file format

ログファイルはそれぞれに関連した分離した行を含んでいます。それぞれの行はuriがクライアントに要求された一つの関係するドキュメントの(%-escaped) URI である
uri -> document
のフォーマットを持ち、documentは関係するドキュメントへの(%-decoded) local URLです。

Directives


RefererIgnore

Syntax: RefererIgnore string string ...
Context: server config, virtual host
Status: Extension
Module: mod_log_referer

RefererIgnore命令はRefererのヘッダーを無視するためのストリングのリストに追加します。もしリストにあるなんらかのストリングが、Refererのヘッダーに含まれていれば、要求に対する関連情報はログされません。例:

RefererIgnore www.ncsa.uiuc.edu
これはwww.ncsa.uiuc.eduからの関連ログを無効にします。


RefererLog

Syntax: RefererLog file-pipe
Default: RefererLog logs/referer_log
Context: server config, virtual host
Status: Extension
Module: mod_log_referer

RefererLog命令はサーバが外部からの要求のRefererヘッダーをログするファイル名をセットします。File-pipeサーバルートへ関連するファイル名

A filename
の一つです。
`|' は以下のコマンドを伴います。
標準入力の関連ログ情報を受け取るプログラム もしメインサーバからRefererLogを受け継げば、VirtualHostで新しいプログラムが動かなくなることに注意して下さい。
Security:もしプログラムが使われると、httpdを動かしているユーザーの下で実行します。もしサーバがルートによって起動していれば、これがルートになります;プログラムが安全であることを確認して下さい。

Security: See the security tips document for details on why your security could be compromised if the directory where logfiles are stored is writable by anyone other than the user that starts the server.

この命令は、NCSA 1.4との互換性を規定しています。


Apache HTTP Server Version 1.3

検索文字
このJAPACHE!ニュースグループへ ( japache.mod.log.referer ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ

Index Home The English original manual is here.


このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。