[an error occurred while processing this directive]
[APACHE DOCUMENTATION]

Apache HTTP Server Version 1.3

mod_log_commonモジュール

このモジュールはmod_log_common.cファイルに含まれ、デフォルトでコンパイルされます。リクエストのログが提供されるとコモンログファイルフォーマット(Common Logfile Format)の形式でログファイルが作成されます。このモジュールは Apache 1.2 のmod_log_configによって置き換えられました。

ログファイルの書式

ログファイルは各リクエストが1行毎に格納されます。 各行はスペースに区切られたいくつかの項目(トークン)によって構成します:
host ident authuser date request status bytes
項目のデータが無い場合はハイフン(-)で表現します。 各項目の意味と値は次の通りです:
host
もし名前が有効でないのなら、完全に限定されたクライアントのドメイン名か、その IP。
ident
IdentityCheck が有効かつクライアントでinentdが実行していた場合のクライアントのユーザ情報
authuser
保護するドキュメントにパスワード要求を行った場合、 使用されたユーザID
date
リクエストの日付。書式は次の通り:
date = [day/month/year:hour:minute:second zone]
day = 2桁
month = 3文字
year = 4桁
hour = 2桁
minute = 2桁
second = 2桁
zone = (`+' | `-') 4桁
request
クライアントからダブルクォート(")によって囲まれたクライアントからのリクエスト内容。
status
クライアントに返す3桁のリターンコード
bytes
クライアントに転送したオブジェクトのバイト数。この中にヘッダ情報は含みません。

命令


TransferLog

Syntax: TransferLog file-pipe
Default: TransferLog logs/transfer_log
Context: server config, virtual host
Status: Base
Module: mod_log_common

TransferLog命令は入力されたリクエストのログファイルの名前を設定します。 File-pipe はいずれかです。

絶対パスを含んだファイル名
ServerRootに設定されたパス以降の ファイル名
`|' 以降にプログラム名を記述
プログラムは標準入力よりログデータを受けられます。 TransferLogをメインサーバから引き継いでも、バーチャルホストは新しいプログラムを起動することが出来ませんので注意してください。
Security:httpd を起動したユーザと同じ ユーザでそのプログラムが実行されます。 rootで httpd が起動された場合はrootの権限になります。; プログラムが安全かどうか良く確認してください。

Security: もしログファイルが蓄積されたディレクトリが、サーバを起動したユーザとは違う他の誰かによって書き込みが可能になると、どうしてセキュリティが譲歩されるのかについての詳細は、security tips ドキュメントを見てください。


Apache HTTP Server Version 1.3

検索文字
このJAPACHE!ニュースグループへ ( japache.mod.log.common ) | JAPACHE!ニュースについて | JAPACHE!ホームページへ

Index Home The English original manual is here.


このページの情報に関わる、ご質問、お問い合わせは、 japache@infoscience.co.jpまで。